お客様へのお約束

部品交換=ベストな修理方法とお考えではありませんか?
たしかに近年、車に各種の快適装備や安全装備が組み込まれてどんどん複雑化・高性能化していくに従い、新しい車ほど修復が難しくなっています。

しかし難しくなったとは言っても、完全に修復不可能な訳ではありません。
適切に処理すれば直ることもまた数多くありますので、ボディーワークス・アルファは安易な部品交換をお勧めしてはおりません。
なぜなら、安易な部品の交換は以下のようなことを招く恐れがあるからです

●車輌を傷める
メーカーラインから出荷された車にはとても高い質の防錆処理等が施されています。
そのため不必要な部品交換は車両のオリジナリティを損なうことがあります。

●修理金額が高騰する
部品交換を行うためには、新たな部品を購入することになります。
そのため、損傷の度合いにもよりますが、部品交換を行わない場合に比べると修理金額は高くなります。

●「事故車」として分別される
愛車を販売しようとした場合、溶接されていた部分の部品を取り替えた経歴のある車輌は「事故車」として判断されてしまいます。そのため、お客様が希望される価格よりも低価格での査定となる場合があります。


プラスアルファをご提供します

期待以上のプラスアルファの満足感を提供

ボディーワークス・アルファが最も重視しているのはお客様の期待を上回る『プラスアルファ』をご提供することです。
私達はお車の修理を生業としていますが、極端な表現をすればこの仕事は皆様に満足感を覚えてもらうための手段の一つだとも考えております。
仕上りの良さや早さ、価格の低さ、あるいは対応の良さ等、お客様によって満足を感じる部分は多様です。

私達ボディーワークス・アルファは、その一人一人のお客様に金額以上の、そして期待以上のプラスアルファの満足感を与えていきたいと考えています。
「この金額でここまでやってもらえるなんて思わなかった!」とお客様に喜んでいただけるようなサービスを目指しています。

  

お約束した品質実現まで一切、手は抜きません

私達の取り組んでいる業務は、手を抜こうと思えば幾らでも手を抜けてしまう仕事です。
中には作業工程マニュアルを守らない業者もいます。
専門的な話にはなりますが、パテ(充填材)塗り作業の一つをとって見ても、規定膜圧で済む所まで板金作業を行うかどうか、鋼板に防錆処理をするかしないか、決められた硬化剤の配合比や乾燥時間を守るか等、お客様の眼には触れない、見た目では手抜き部分がわからない箇所が数多くあるのです。
しかし、眼に触れないからと手を抜けば修復箇所の耐久性が下がります。
一年二年の時間が経過してから、塗装表面の劣化等の形で現れてきます。
だからこそ、ボディーワークス・アルファは常に作業工程マニュアルを遵守し、お客様とお約束した品質が実現できるまで、一切手を抜くことは致しません。

ボディーワークス・アルファは、自分達の仕事にそれぞれが責任を持っています。
例えば三~四年前の仕事でも、お客様から指摘があった際には無料で修理をさせていただいております。それも全て「忙しいから」「面倒だから」等の理由で手を抜けば全て自分達に返ってくるということを知っているからです。
お客様と交わした「直す」というお約束を、ボディーワークス・アルファは何よりも優先して考えております。

エコ板金塗装を行います

地球環境に優しい水性塗料を導入

『限りある資源を如何に有効に使うか』
それは21世紀に生きる我々に科せられた使命だとボディーワークス・アルファは考えています。
修復できる物はできるだけ修復し、使い続ける事は最高のエコです。
技術的あるいは経済的に修復が難しい場合は、可能な限りリサイクル部品(中古部品)を使用する等の工夫が必要になってきます。

現在のリサイクル部品は関連業界の品質管理努力により、新品部品に匹敵する品質の物が数多く流通しています。
ボディーワークス・アルファは、その部品を自社内においてもさらに厳重なチェックを行ってから使用しておりますので、より品質の高い、安心な車をお客様にお届けすることが可能です。
このようにボディーワークス・アルファは、今後も自動車板金塗装、修理という業務を通じて社会に貢献していきます。



お問い合わせ