車の修理費用の半分は、部品代と言われています。仮に20万の修理見積が出された場合ですと、その半分の10万円が部品代です。新品純正部品を使用する代わりにリビルトパーツを使用することで、部品代は4万円ほど減額されて6万円前後となります。

お財布に優しいリビルトパーツですが、品質的にはどうか気になる方も多いと思いますが、ご安心ください。リビルトパーツは単なる中古部品ではありません。業界団体の熟練したエンジニアが良否を判断し場合によってはテスター等で検査を行ったうえで、保証を付けて出荷されてきます。カーメーカーの新品純正部品と比べて、遜色のない品質の物も数多く出回っています。

ボディーワークス・アルファではリビルトパーツの使用を、積極的に推進しております。熟練したプロの眼で精査して、お客様のご希望にかなう品質の物だけをご提案します。環境に優しくお財布に優しいリビルトパーツのご使用を、ぜひご検討ください。


*リサイクルパーツにはリユースパーツ(中古部品)とリビルトパーツ(再生部品)の2種類があります。

・リユースパーツ→
使用済自動車から利用できる部品を取外し分解等の手を加えず、目視・現車・テスター等による点検を行ない清掃・美化を施し商品化された再利用の部品

・リビルトパーツ→
使用済自動車から取外した部品や修理の際に発生した交換部品等をベースに磨耗・劣化した構成部品を新品と交換、再組立しテスターを用いて品質確認を行ない商品化された再生利用の部品

リビルトパーツ使用事例 1

ハイエースバンの右スライドドアの損傷です。業務で連日使用しているため、土曜日1日で修理してくれとの依頼です。事前に取替えるドアを用意しなければ、時間的に間に合いません。
新品部品でもかまわないとの話でしたが、同色のリビルトパーツがありましたので、そちらで対応させていただきました。

■新品純正部品使用時
・部品代¥59,400-・取替工賃¥35,640-・塗装代¥51,840-で、
小計¥146,800 -(金額は全て税込)

■リビルトパーツ使用時
・部品代¥52,920-・取替工賃¥19,440-で、
小計¥72,360-(金額は全て税込)

リビルトパーツ使用事例 1

(注) 同色の中古部品は磨かれて綺麗な状態です。汚れてくれば、周辺パネルとの色差は解消されます。


パッと見修理によるコストダウンをご提案

お客様の満足感が、ボディーワークス・アルファの商品です。当社の持つ技術は、お客様に満足感を得ていただくための手段です。お客様のご要望も様々で、完璧な修理を望む方ばかりではありません。最近一段と多いご要望は、しっかりと直さなくてもいいが、もう少しだけ見栄えを良くしてくれです。こういう方々へ、ボディーワークス・アルファは「パッと見修理」をご提案します。

この修理方法では、通常の塗装作業は行いません。損傷パネルの形状を修復するさいは、できるだけ塗装面を傷つけないように作業を行い、塗膜に割れが入る寸前で作業を止めます。軽く磨き作業を行い、局部的な塗膜の割れや傷はシールアップで対応します。豊富な修理経験を持つボディーワークス・アルファならではの修理方法です。

修復作業部を間近で見ると傷や歪みが残っている状態ですが、2~3mも離れて見ると、修復前ほど気にならない状態になります。作業途中で止めますので、料金は安くなります。継続して通常の板金塗装に変更することも可能です。

作業事例

ホンダの軽自動車の右フロントフェンダーとバックドアの凹みです。ぱっと見修理で対応しました。どちらも塗装作業はしていません。間近で見れば歪みや傷が残っている状態ですが、お客様には喜んでいただけました。

●施工料金 一カ所 ¥16,200-(税込)

作業事例

リサイクルパーツとパッと見修理の併用事例

日産小型車のフロントバンパー左側から左フロントフェンダーにかけての損傷です。フロントバンパーは脱着して、軽く熱をかけながら手もみで形状修正を行いました。左フロンフェンダーは同色のリビルトパーツが見つかりましたので、交換しました。

施工料金

フロントバンパー脱着・ぱっと見修理 →¥17,280-(税込)
・フロントフェンダー部品代      →¥11,880-(税込)
・フロントフェンダー取替工賃     →¥5,400-(税込)
・フロントフェンダー取り付け部骨格板金→¥3,240-(税込)


合計¥37,800-(税込)

リサイクルパーツとパッと見修理の併用事例


メールお問い合わせ