事故に遭った!!

● 対向車と衝突し、フロント部分がひしゃげてしまった!
● 後続の車の追突により、トランクが食いこみ破損してしまった!
● 電柱に衝突してしまい、ガラスが破損してしまった!
● 追突事故によりリアバンパーが、フレームまで損傷してしまった!
● カーブの際にガードレールに衝突し、フェンダーが潰れてしまった!
● 玉突き事故に遭い、フロント・バックともに激しく損傷してしまった!

パネルの支持部分までの損傷、骨格フレームまでの大きな損傷等、
板金作業だけでは対処できないような大きな破損の場合には骨格修正作業も行います。
ボディーワークス・アルファでは、他社ではあまり行われていない『多面引き』の工法を用いて
作業を行いますので、車への負担も少なく修理を行うことが可能です!
「大破してしまった車でも、やっぱり長く使用していきたい」というお客様のご要望を
叶えられるよう、知識の豊富な技術のプロが丹念に修理させていただきます。



修理例~コペン~

今回修理したのは信号待ちで停車中に、脇見運転の後続車に追突され、押し出されて前方の車両に衝突した、俗にサンドイッチと呼ばれるタイプの事故車輌です。

リヤバンパ等を外していくと、バックパネルがV字状に変形し押し込まれています。
隣接する左右のリヤフェンダも押し込まれ孕んでいます。
リヤ廻り全体の変形は激しいですが、強化されている硬い骨格部分の変形は無いので、フレーム修整機に車体をセットせずに復元ができました。
修整機にセットすると痕跡が残り、車輌の評価額に連動します。
まず損傷の激しいトランクは中古部品と取替えました。

次に車両後部にタワーをセットして、バックパネルの要所要所にクランプをつけます。
そしてトランクをゲージにして、車両後部の各部の隙間等がトランクに合う形状になるように復元します。
また、各部の隙間や形状に違和感が無いか、全体が平行に引き出されているか、をトランクを閉める等してチェックしながら基準寸法まで引き出します。

現在の車は組立精度が高く調整の余地がありません。100%近く細かな形状も復元していないと、バックパネルに取り付けられるテールレンズやバンパの隙間に狂いが生じてしまいます。
そのため、バックパネル自体の部品価格は安いので、古いパネルを切り取り新品パネルに交換しました。
新品パネルを溶接する段階で外装部品を仮付けして、各部品が違和感なく付けられるかの微調整まで行います。
その後部品を取り外し、新品パネルを溶接、塗装後、部品を再び組み付けてリヤ廻りの修理は完成しました。

ボディーワークス・アルファなら、+αで安心です

●お車の修理中の移動手段として、高品質の代車を豊富に取り揃えています
●有料代車と無料代車を揃えています
※有料代車はナビ・ETC装備のレンタカーです。修理中は特別価格にて提供します。
●全代車に安心の保険が付いています
●現場にも、必要とあらば弊社社員が駆けつけます      etc…


「修理中、車が無いと困る!」というお客様が多くいらっしゃいますが、実際豊富に代車を所有している修理工場は多くありません。
ボディーワークス・アルファなら、当社で整備した、とても良い品質の自慢の代車をご用意しております!
品揃えも非常に豊富ですので、お客様のご要望に添える代車のご提供が可能です!!

「もし代車で事故を起こしたら…?」
一般的に、修理工場が代車にも保険をかけていることはあまりありません。

しかし、ボディーワークス・アルファなら全代車に保険が付いておりますので、万が一の場合も安心です。

※無料代車使用中の事故に関しては、お客様の保険の他車運転特約を優先させていただきます。

さらに、積載車も所有しております「事故に遭ったけど、保険とか対処とか…わからない!」そんな際にもボディーワークス・アルファにご連絡いただければ、現場に出向かせていただくことも可能です。

※事故状況や業務によっては難しい場合もございますのでまずはご連絡ください。



お問い合わせ